本質につながって生きる

whitefullm.exblog.jp

o(・`_´・)ノ

フリーフロー15

今日も両錐水晶と一緒にヘミシンクをした。F15のガイドさんはやはり白髪の長髪の男性っぽい、威厳がある。なので話さない感じ、親しみやすいとは到底言えない。結構今日は顔とかがはっきりした。服もローブの袖口とか白い羽毛なんかで縁どられている感じ。
 原始人が獲物を集団で追っているけど、中には瀕死の負傷をすることもある。そういう仲間を連れて帰るのだが、なくなってしまうとみんなでその遺体を食べる。彼らは以心伝心的なコミュニケーションをとっていて、遺体が食べられることによってまた彼が自分たちの中で生きているっていうように思うようだ。しかも、いつもタンパク源にありつける保証はないので、自分たちの仲間の肉体も貴重な食料だ。なんか現代人からするとおぞましい感じだけれど、彼らはそうは思っていない。
 あと、黒人の中年女性彼女は、周りの人を愛することによって満たされている。とりあえずキリスト教徒らしいが、やはり彼女の人生にも辛いことや悲しいこと意に沿わないこともあるが、神とかそういったものを自分が幸せに感じられるようにうまく利用しているようだ。自分に都合のいい解釈をすることによって、信仰を自分の幸せ感や精神の安定に利用している。あまり深いことは考えずに、自分の人生自分が幸せでそれ以上のことを求めないっていう感じ。
 ネイティヴアメリカンのガイドさんに対して優しく智慧深く、自分もそういう人になっていきたいという憧れをもっていたようだ。若くしてなくなってしまったような感じの私は、なんで、私たちの部族が滅ぼされてしまわなければならなかったのか、納得がいかない感じ、でその感じを今の私も引きずっているようだ。
 あと、私のもっているエレスチャルは紐をつけて、心臓のとこらへんにいつもぶら下げていたほうがいいんじゃないかと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2016-07-10 09:21 | ヘミシンク エクササイズ記録 | Comments(0)

o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon