本質につながって生きる

whitefullm.exblog.jp

o(・`_´・)ノ

カテゴリ:詩( 3 )

今日という日


今日という日は
誰かにとっては最高の日
誰かにとっては最低の日


とびっきり退屈だった人もいれば
大忙しだった人もいる今日


今日生まれる人もいれば
今日この世に別れを告げる人もいる
今日という日


どう呼んでも
誰が呼んでも
二度と帰ってこない今日という日


過去にも未来にも二度とない今日という日
あなたはわたしはどう過ごしたのでしょう
[PR]
by whitefullmoon | 2006-06-25 20:38 | | Comments(1)

カナダの木

何千キロの海原を

越えて遠くへやってきた

ここは遠くの西の国


何千本の仲間たち

今ではどうしていることか?

すっくり立ってたカナダの森は

メイプルリーフの紅葉か?


高いお空も眺めずに

今ではごろんと横たわる

製材工場の軒先に


これからどこに行くんだろ?

それとも何になるのかな?


[PR]
by whitefullmoon | 2005-12-20 20:36 | | Comments(0)

毛沢東の詩

中国の最後から2番目の皇帝とも言うべき毛沢東、彼も結構詩を書いている。何番目かになる彼の妻にも詩を送っている。流石文の国の指導者というべきか?

ところで彼の晩年の私生活はめちゃくちゃだったという話を読んだ事がある。彼を媒体にして病気をうつされた女たちはそれを誇りにしていたとかいう馬鹿な話だ。

強大な権力をもった指導者がいないと治まらない、あるいはそういう人間に独裁を許してしまう。民族って遅れているような気がする。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-10-17 21:50 | | Comments(0)

o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon