o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

カテゴリ:アルゼンチンタンゴ( 17 )

凹が少し回復

 今日が今年最初のプラクティカだった。ミロンガでうまく踊れなかったりして、ちょっとタンゴへのモチベーションが下がっていたけれど、いつも踊っている人達と踊って踊れてなんとなくほっとした気持ちになれた。夫婦できている。Tさんも最初ミロンガで10人中一人くらいにリードが通じればいいくらいだったそうだ。教えてくれているTさんは組んだときにみな一人一人違うからその一人一人に合わせるようにしているという話だった。女性役をやるときも私なんかよりうまく合わせられているし、そういう風に誰にでもうまく合わせられるようになった人というのが、やはり上手な人っていうんだろうなと思う

 そしてTさん曰くやはりタンゴのリードとフォローがうまくいくというのは相性というのも大きいそうだ。また、いつも組んで踊っているプロの人達も日によってうまくいったりいかなかったり、メンタルな面も大きいという話だった。

 TさんとYさんはタンゴレックスに元日に踊りにいって、Yさんが言うには女性が少なかったので、休むまもなく踊れてよかったそうだ。私は踊っている時間と、座っている時間は半々くらいだったので、Yさんはたくさん踊れて良かったなーと思う。私も元日誘ってもらえていたとしても、元日は夕方から夜だったから、ちょっと私には行くのは無理だった。そこは着物を着ていった女性は五百円引きだったそうだが、着物を着てタンゴを踊るのは難しそうに思える。でも舞さんなんかは着崩れながらも踊っていたそうだ。
[PR]
by whitefullmoon | 2009-01-08 22:33 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)
 教えてくれているT先生が部屋にイルミネーションのコードを飾ってあった。

 それになんと005.gif今日はわざわざ三島から見学に来た人がいた。なんでも社交ダンスをやっていてサルサはわざわざ静岡まで踊りに行くのだそうだ。踊る楽しさを知ってる人なんだろう。ちゃんとシューズももってきていた。だからただ見学ではなく、結構一緒に踊ったりした。(まったくはじめてでも踊れるところがタンゴのいいところなんだけれど)時々両足に重心を乗せてとまるので、踊りが中断されてしまうような感じになってしまうことがある。042.gif自分も初心のときあったわけだ。新しい人が来るのはうれしいけど、そういう人達とばかり踊っていると自分の練習できなくなってしまうかなぁと少々心配になった。NさんやTさんと踊るときは、目をつぶって自分が気持ちいいように踊れるけど、やはりはじめての人にはそんなわけにはいかない。でもT先生は女性役やってもわたしよりタンゴらしくフォローしている。初心の人に丁寧に付き合って踊ってたら、タンゴの神様がご褒美ですよって上手にしてくれると嬉しいと思うけれどそういうことあるだろうか?

 子どもの誕生日も、クリスマスもいつもイチゴのショートケーキだけ作っていたが、今日も作ってみた。クリームを塗るパレットナイフみたいなへらとかどこに入っているか分からないので、ごむべらで適当にぬりたくったので、見栄えはよくない。ちょっと家で両親とたべたりして、残りはプラクティカにもっていって、みんなで食べてもらった。

 今日プラクティカで見せてもらった動画のデモでは、女性が高く後ろにボレオをして体をひねるような格好をなんどもしていた。その格好をみると、絶対にヒンズー教の寺院の壁のレリーフにああいうのがあったはずだと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-12-25 22:43 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)

タンゴはフォークロア

社会教育課主催の民俗学講座が3回あるうちの2回目のテーマが私の名前にちなんだものだったので、興味を引かれて話を聞きにいった。
 すごく広い範囲の内容を1時間半だったので、少々無理があったようだった。その中でフォークロアという言葉について触れられた。フォークロアというのはつまり、「民間伝承」人々の間で伝わったというような意味、つまり人々の間で作られ伝えられているっていうことだからフォークロアっていえるんだろうなぁと思った。
 世界のあちこちの人々が持ち込んだ様々な音楽が相互に伝えられあい交じり合って出来たものだから、世界的規模のフォークロアがタンゴ。それで、世界のどこに行っても同じように踊られて楽しむことができるのだろう。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-12-21 12:30 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)
今日は久しぶりに体調を崩してたり、忙しかったりしてこれなかったAさんがプラクティカに来た。久しぶりで体が硬いとかいってたけど、終わりごろにはボルカーダも決まって、綺麗に踊れていてさすが1年以上は踊っているだけあるなぁと思った。
 今日も結構ボレオの練習をしてもらった。少しは踊っている最中にも出来る時も時々ある様な気がしてきた。

 私より少し後から習い始めたNさんが、最近ほぼ一曲通してリードできるようになってきたので、随分踊っていても楽しくなってきた。そして、ふと目をつぶってみようと思って目をつぶって踊ってみたら、結構これが気分良く踊れてしまう。その後教えてくれている先生と踊るときも2度ほど目を閉じて踊ってみた。先生のほうがいろんなリードがあるので、少し目を閉じてというのはNさんと踊るより難しかったが、これもまた目を閉じても踊れてしまう。

 目を開けているよりか、余分な情報が入らないので、リードと曲だけに浸りきって踊れるので、かえって目を閉じているほうが気分良く踊れてしまいそうだ。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-12-20 22:29 | アルゼンチンタンゴ | Comments(2)
 今日は月一の牛舞両先生のプラクティカだった。歩くところからオチョ・とめられた足を乗り越えてとか、足を動かされるステップ(全て名前は忘れた)なんかを教えてもららった。あと私が出来るようになりたいと思っているボレオだった。場所は市に新しくできた、市民交流センターというところだった。2時少し前に行くと駐車場はいっぱいで、裏のほうまで回ってやっととめることができた。日当たりがよく、新しく綺麗な床で靴のすべりが良くてとてもプラクティカに向いていた。しかも大きな鏡までついていてプラクティカには最適なところだった。教わったのは普段練習にきているNさんと、フラを踊りに行っていてちょっと期間があいてしまったSさんと、先生と私のたった4人だけだったので、なんとも贅沢なプラクティカだった。
 最初に教わったオチョをして足を止められて乗り越えるっていうのや、足を移動させられるのはなんだか普段練習のときにリードされていたような覚えがあったので、それほど苦労せずにできた。「以前はごつごつした動きだったけれど、滑らかになりましたね。」といわれてうれしかった。

 あとボレオも実は後ろに蹴り上げているだけっていうことが分かった。ピボットするからなんだかとっても複雑な動きに見えるだけということも分かった。これで一人練習(意識的にするわけではないけど)のレパートリーにボレオの練習が加えられるなぁと思った。

 忘年会も実はミロンガでそれも実はプラクティカという感じだった。なぜなら、そこにお二人が参加してくださったので、二つも新しいステップを教えてもらえたからだ。今日はとってもいい日だった。ただ、床がぺとぺととしてあまりすべりが良くないので、舞先生がベビーパウダーを床に撒いてくれた。
 
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-30 23:17 | アルゼンチンタンゴ | Comments(2)

ミロンガ

やはり、今日も最初ミロンガのステップだった。ユーチューブで最初に動画を見せてくれていて、これをやってみましょう。ということだった。軸足はそのままにして左足を前に横に後ろに横にと小刻みにステップを踏む練習だった。そのあとミロンガを踊ったけど、ミロンガって右足にばかり負担がかかりがちになる。
 Nさんがだんだん一曲途中で途切れずにリードできるようになってきた。一回先生がNさんと女性役になって踊ったが、うまくリードされていて、私なんかよりずっと綺麗に女性役を踊っていたので、感心した。
 前回、今回とかなりクローズドで組んでの練習だったので、全く足元見えないけど、なんとなく足が動かせた。でも、時々どう動くの?と思うこともあった。ボレオもできるようなリードしてくれるけれど、まだまだ私は自然にボレオができなくて、とっても残念007.gif早くボレオができるようになりたい039.gif
 今日もたくさん踊れたので楽しかった。明日も牛さん舞さんを迎えてのプラクティカだからきっとまたノンストップの練習だと思うけど、楽しみだ。そのあと忘年会でまた踊るのでそれも楽しみ006.gif
 結構私もタンゴ踊って脳内麻薬でまくり…になりつつあると思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-29 23:02 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)
ヴォレオが少しだけ踊っている最中に半分くらい出来た。リーダーをみてないとタイミングがわからないらしい。その前にYさんに少し特訓してもらった。あと職場でもコピー機や印刷機の前でついついボレオを練習した。ボレオの練習はおもしろいしついついしたくなってしまう。
 後ろから足を前に回して少しずつ前進するっていううそみたいなステップも練習したが、足短いしうまく出来ない(T_T)絶対足がそれも脛から下が長くないと出来そうに見えないステップだった。

 踊っている最中にボレオが出来るといいなぁとおもう。

 後、とまったら足をそろえるというのを練習したが両足に重心をかけるのではなく、後からの足はそろえるだけでいいらしい。そうでなければ、次のステップに足を動かすことができない。

 今日はYさんとNさんが風邪とインフルエンザ予防接種過剰反応から回復して復活した。

 あと、Tさんは車がだめになり奥さんだけの参加だった。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-13 23:37 | アルゼンチンタンゴ | Comments(2)

[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-02 14:36 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)
 だれか待たせていたら悪いか思いつつ、ぴったり6時半にはいけなかったが、練習に使っている部屋は電気もつき、机もいすもだしてあった。しばらくするとNさんが来てカミナンドなんかを練習していた。そのうちFさんが来て、実はFさんが練習部屋の用意をしていてくれたことが分かった。早く着たから用意をして買い物をしていたのだそうだ。3人でミロンガのステップ練習したよね?どうだっけ?なんていってたらYさんが来て、前進や後退のカミナンド、オーチョなどを練習し、ミロンガのステップももちろんやったし、サリダからオーチョへはいるってどうリードしたっけ?なんてあれこれやっていた。
 ほかのバドミントンか何かの練習に乳児連れできていた女性の連れている小さな男の子がじーっと私たちの練習を見てるので、「おいで!一緒に踊ろう。」っといってさそったら、とことこはいってきたので、両手をもって、音楽に合わせて歩いてあげるとなんと一緒に合わせてくる!母親にきくと2歳ということだった。その後は呼んでもこなかったが、タンゴってそんな小さい子でもなにか惹かれるものがあるんだなーっと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-10-16 22:20 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)
ちょっとやってしまいたい仕事もあり、今日のプラクティカどうしようかなーって思っていたけど、やはりいってよかった。楽しかった。
 タンゴのリードってほんとに不思議で面白い。足をクロスさせるのも、同じ歩き方の繰り返しでクロスさせたり、その歩き方を少し変えると、クロスしなくなったりする。とても微妙で不思議なものだ。リードもされる人によって微妙に違うらしい。
 Nさんがタンゴを火曜日見にいってきたといっていた。「見るより、踊るほうが楽しい。」といっていた。Nさんもだんだんリードできるようになってきたし、そうなのかもしれないなと思う。

誰が考え付いたかしらないけど、タンゴはほんとに面白い。

韓国時代劇ドラマ女人天下というのを見ているけれど、権力闘争にあけくれるより、タンゴに明け暮れたほうがずっといい人生だと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-10-09 22:50 | アルゼンチンタンゴ | Comments(2)