本質につながって生きる

whitefullm.exblog.jp

o(・`_´・)ノ

カテゴリ:日記( 113 )

ついつい、廊下なんかをSSQQなんてステップを踏みながら歩いている自分がいる。机の下でも足は・・・とかね。

なんとなく、彼の気持ちが分かってきたような気がする。

スローリズムダンスのステップは二つ(クォーターターンとチェックバックを)覚えればどうにかダンスになりそう・・・、でも今日CDRに焼いたはずのOnly you and you alone の曲が焼けてなくて曲を流せなくて残念。

しかも、今日はラテン音楽のコンサートがあったからメレンゲの簡単なステップを教えてもらって曲にあわせて踊ってみたりして、やはり音楽に合わせて体を動かすって楽しいことなんだなあなんて思った。

もっといいことには、困ったなあどうしよう、何にも知らないしと思ってたダンス音楽集のCDが二枚も無料で手に入ったことだ。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-06-27 23:30 | 日記 | Comments(0)

どちらが得か?

 最近すっかり出不精になってしまい、休みの日は出来たら一日家にいたいほうだ。仕事で使うかもしれない曲のCDをレンタル屋さんに借りようかどうしようかと思って、結局ネットで、ダウンロードしてかってしまった。一曲150円なりだった。車で数分のレンタル屋に行けばCD一枚が100円で借りられる。でも、検索してくれるだろうが、その曲の入ったCDが見つかるかどうかもわからないし、一々行くのもめんどくさい。どちらが得になるのかなあと思ったが、結局出かけるめんどくささに負けて、会員登録してソフトと曲とダウンロードすることにした。

 午後はだんだんのびてきた髪を切りに行った。珍しく待ち時間が長かったので、女性週刊誌なんかを読んで待っていた。その中に世間を騒がせた。オウムの松本被告の三女の話があった。大学の入学も拒否、住民票も受け取ってもらえない、などかなり社会から排除されて、生き難いようだった。憲法で保障されている、身分門地によって差別されないということもなかなか実際には無理なんだなあと思った。まあ、そういう親の下に生まれて、世間から憎まれる立場に身をおかなければならないということも、何かの因果なんだろう。そういう中で人から認められるような生き方をしていくのは並大抵のことではないなと思った。

 髪は前みたいに段をつけてもらわず、後ろと前を中心に切ってもらったけれど、やはり段をつけたほうが良かったのかなあ?とも思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-06-25 16:47 | 日記 | Comments(0)

シンクロニシティ

ある人にチャットで一昨日「サハラに舞う羽」の話をした。そうしたら、その人が昨日「世界不思議発見」をちょうど見ている時にチャットしたら、その日のテーマは「サハラ砂漠」だった。

あるブログを見て、「東大阪大学」の存在をしった。今朝別のブログでそこの大学の学生が起こした殺人事件のことを知った。

仕事上で出会った文章が蛍のことについて書かれていた。同じ週にチャットで話す人が出張へ行ったら、そこで蛍祭りが行われていた。

まあ、こういうことがシンクロニシティっていうのかなあ。と思う。でも、それは昔その言葉を知らない頃にも感じていたことではある。良く高校生くらいのころ、新聞か何かである新しい言葉を知ると、立て続けにその言葉に関連することにであったりしたもので、不思議だなあと思っていたのだが、それがシンクロニシティってしったのはかなり大人になってのことだ。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-06-25 08:22 | 日記 | Comments(2)

だらだらお仕事しながら

だらだらとお仕事しながら午前中をすごした。先週の土日から取り掛かっている仕事ではある。もう、自分はだらだらとすごすのが好きって決めようかと思う。時々チャットしたりブログ見たりしながらなかなかはかどらないけど・・・

まあ、考え考えの仕事だからいいかあ…とも思う。

朝は梅雨のない6月っていうのはこんなさわやかな日のことをいうのか…って言うくらい、湿り気のないさわやかな朝だったが、今は曇っている。今日は勝手に一日晴れると決め込んでたら、曇ってきて慌て洗濯したが、まだ干してはいない。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-06-24 13:39 | 日記 | Comments(0)

ああ 微熱

もし、今日お風呂に入れば3日ぶり、というのも一昨日は熱があったので夕食後薬を飲んですぐ寝た。昨日はシャワーだけ浴びた。

風邪引いてもめったに熱なんかでないのに、今週の初め朝起きたら急にのどが痛く、のども赤い、家にあったのどの痛みにと書いてある甘草という薬を飲んだらすぐ直ったのに、一日置いて次の日の朝またのどが痛い、昼には微熱もでてきたので、病院にいった。次の日も午後動き回っていたせいか、薬を飲んでいるのに前日と同じくらいの熱が出ている。

一体どうしちゃったんだろうと思う。今も、少し平熱よりかは高めだ。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-04-07 20:52 | 日記 | Comments(0)

桜と梅と

だいぶ梅の花があちこちで咲いているのが見られる。でも梅は白梅といっても真っ白ではなクリームがかっているというか、ベージュがかっていて枝にくっつくように咲いているのでどうも華やかさにかける。でも梅の花は顔を近づけると、品のいい甘い香が漂う。また、かなり長いこと咲いていたりもするので、あまり桜のようにちやほやされるという感じではない。

 ソメイヨシノは接木された人工的な桜ということを去年初めて知った。わたしの住んでいる近くのローカル線のある駅の構内にソメイヨシノとしてはかなり早い時期に咲く桜の木がぽつんと一本あり、まだ寒い頃なのにもう桜が・・・ととても目立つものだった。今日見たら、なんと隣に前はなかった木製の立て札がありそれに「金太郎桜」とかかれていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-02-18 21:37 | 日記 | Comments(0)

久しぶりに出会った人

長男の一才児検診の時に初めてであって、その後幼小中と同じだった子供のお母さんと夕方ばったり出会った。息子の同級生は家から通える大学にいってるらしい、その子より10歳年長のその方の長男はニューヨークにいて、今はビザ取得のため家に家族で戻ってるという話だったが。2002年の9.11にはツインタワービルの近くにいて大変心配したらしいが、その次の日に会社から出張でコロンビアにいってて無事ですよと電話が会った時は大変ほっとしたなどということをはなしていた。もうお孫さんもいらっしゃるといっていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-02-16 17:59 | 日記 | Comments(0)

高校合格

次男がまさかと思っていたけど、前期で高校に合格出来ていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-02-15 23:13 | 日記 | Comments(0)

峠一つ越えると

峠を一つ越えただけでがらりと天気が変わる、こちら側は重苦しい雪のちらつく雲なのに、反対側は春を感じさせる陽射しが降り注いでいる。春夏秋冬よくそいうことがある。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-02-12 15:53 | 日記 | Comments(0)

無塩バター

買い物の途中で、「あ、そうそう無塩バターね。」と娘に頼まれた品を口にしたところ、そばにいた息子が「男と無縁バター」なんて言うので、ついおかしくなって笑ってしまった。チョコレートを送る当てのない娘は友チョコを作るなんていいながらお菓子を作っている。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-02-11 13:54 | 日記 | Comments(0)

o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon