o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

<   2005年 03月 ( 11 )   > この月の画像一覧

腰折れ一首


木の花の 咲くや散りゆく ゆく春を 久遠の富士は 惜しみつつ見る

春の富士山でないのが残念ですが・・・

c0030954_2018161.jpg

[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-30 20:19 | 短歌と俳句 | Comments(0)

素直に思うこと

なかなかメールも来ないで、我慢しきれずにその時の心の全てを吐き出してしまったメール

今読み返すと、やはり彼の心を傷つけちゃったんではないかなあって思う内容だった。

だって、全て彼は私に対して遊びって決め付けちゃうような内容だったから、「最後まで自分ひとりで決めちゃう・・・」てやはりそうだったかも

私は不倫という事が恐ろしかった、だからすべてを彼の遊びというふうにしたかった。でも、

やはり、私が彼を深く愛してしまっていたっていう事も事実、実らせる事ができない愛ではあるけれど・・・

彼も全くの遊びではなかったと思う・・・仕事で東名を通ったあ後のメールで私の住んでいるところのインターから、自分が降りたインターまで、しっかり時間をチェックしてくれていたこと書かれてあったし・・・

彼は彼なりにやはり私に気を使ってくれていてくれたこともたくさんあったと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-29 20:41 | Comments(0)
富士山麓仲間の会 

東富士方面(宝永山の火口がみえる)に住んでます
c0030954_17443953.jpg

[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-29 17:45 | 富士山麓仲間の会 | Comments(9)

似てきた娘の顔の形

娘が生まれたとき、小顔で華奢な女の子が生まれてよかったと思っていたのに

思春期を迎え、だんだん顔が横に広がってしまってきた。

体型もどちらかというと短足、しかも少々O脚

ところが運動神経だけは私に似ずよい。

リレーなどでもよく選手に選ばれていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-21 15:43 | Comments(0)
木の花の 咲くや散りゆく 行く春を 久遠の富士は 惜しみつつ見る

ただ二度 肌をあわせし 君なれば 今も恋しい マイ トゥルー ラヴ

ちなみに生年月日で占うと私と元彼は相性がとってもよかったのだそうだ

あせって別れの原因を作ってしまったことが悔やまれる

せめてメル友としてでも繋がっていたい。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-20 06:01 | Comments(0)

卒業式

娘達の卒業式はとても感動的だった

何よりあんなに男の子達が泣く式をみたことがない

あと、合唱のときあんなに男声がよくでるのもはじめてだ

娘達の学年から学校をよくする学年という事で期待されていたそうだが

それを立派に果たしてくれたと、わざわざ校長が保護者にお礼を言ってくれた。

件の先生・・・やはりいい男であるのには違いない
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-20 05:02 | Comments(0)

私はなし、娘は

夫に義理チョコをあげたのに何もお返しはなし

娘は学年の男の先生に配ったら一人の先生からお返しがあった。

メルティーキッス2個・・・包みをさらに学校の茶封筒にくるんで渡してくれてあった。

冬季限定で娘が食べたがっていたものなので

「ああ、買わないでよかった.]なんて喜んでいた。

その他は同級生の男の子らしい

なんでもお返しがありそうな子を選んであげたそうだ

なんと、計算高い!
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-15 20:06 | 日記 | Comments(2)

鬱になっている娘

中学校卒業を控え、娘は鬱になっている。私も2年前同じ気持ちだった。3年間ともに過ごした、いや娘にとっては9年間一緒にすごした仲間との別れだ。

とってもすばらしい少年に出会った。この世に苦しみ悲しみは全くしないかのようにいつもにこにこ笑顔、しかも美少年。そんな彼に私の気持ちは伝わっていたようで、少々慕ってくれているのを感じた。お別れまじかいっしょに写真をとろうと撮ったのだが、同級生が撮ってくれたインスタントカメラなのでピンボケ、いよいよ本当のお別れの日(アメリカのイラクへの攻撃が
始まった日でもあったが)彼が一緒に写真を撮ろうといっしょに写真をとった。とっても幸せだった。今でもその写真は宝物、彼との出会いは、スピッツの歌みたいに「君と出会った奇跡が
この胸にあふれる、きっと、今は自由に空も飛べるはず・・・」と。いった気分だった。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-12 09:13 | Comments(1)

Myピアノの先生

今週一のレッスンから戻ってきたところ。普段の練習があまりできないのでなかなか進歩しない、30歳の先生は最初独身?って思ってたら既婚、そして既に小1のお子さんもいるということ、短大卒業し一年働いて、高校卒業後付き合い始めた人と3年のお付き合いで結婚したという事、「友達はもっと遊べばよかったのに・・・」などというらしいが、それでよかったのではと思う。遊ぶって事は結局辛い別れを繰り返すだけだから。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-11 20:49 | 日記 | Comments(0)

同僚と話して

彼女はとても正義感の強い人だ
異動の希望を出しているが、先日の会議で思い余って普段思っていることをぶちまけた。本当にそのとおりだと誰もが思う正論で、だれもがあまり言わないことだ。

今日彼女と話していて、心が洗われるような気がしてきた。不倫の恋なんていう自分に甘い姑息な手段を上手く使いこなせるほど私は器用な人間ではない、彼女のように生きるのもすがすがしいかとおもった。

結局、彼との間でも、夫との間と同じような失敗を私は繰り返している。つまり、相手がされては困るときの電話を、自分の気持ちを伝えたいあまりしてしまうという事だ。そういったことで関係がおかしくなるという点では同じ過ちを繰り返している。私が変わらない限り、彼とだっていい人間関係が築けていけるわけがない。もちろん、私から彼に不満なところもない事はない。やはり友達に戻れればそれが一番いいんだと思う。彼の基本的に温かい人柄を私は好きだ。いやなところは浮気しているところ、だから、もし友達に戻れるのならそうなりたい。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-03-04 19:13 | 日記 | Comments(3)