o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon

<   2005年 06月 ( 18 )   > この月の画像一覧

私も昨日読みました。

ほんとに、久々に気持ちのよい話に出会えたって気がしました。インターネットが人の運命を左右する時代になってきているんだなあ。と思いました。また、掲示板の人達はリアルRPGをしているような気分だったのではないでしょうか。
 ベノアティー飲んでみたいなあ。なんて思いました。お二人がすれてなくて、素直な人柄で最初から結ばれるべくして結ばれる人達を、みんなの力で結んであげたって感じですね。

そういうカップルってたまにいますね。皆がお似合いだと思ってくっつけちゃう人達って、さっき2ch見てきたら、第二の電車男なるか?なんていう書き込みもありました。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-27 21:09 | 本の事 | Comments(2)

私の好きな歌

わが大地のうた
【作詞】笠木 透
【作曲】田口 正和

1.から松 こめつが 針葉樹林
  かもしか 月の輪熊 走る稜線
  そびえ立ち 連なる わが山々よ
  そびえ立ち 連なる わが山々よ
   いくたびか春をむかえ
   いくたびか夏をすごし
   いくたびか秋をむかえ
   いくたびか冬をすごし 

2.柿の木 赤土畑 広がる水田
  かわやなぎ 青い水 流れる河川
  この土地に 生きている 私の暮らし
  私に流れる 人たちの歴史
   私がうたううたではない
   あなたがうたううたでもない
   わが山々が私のうた 
   わが大地が私のうた

3.かるかや かやつり草 積乱雲
  からすうり 月見草 風渡る草原
  この土に 私の すべてがある
  この国に私の 今がある
   いくたびか春をむかえ
   いくたびか夏をすごし
   いくたびか秋をむかえ
   いくたびか冬をすごし

4.かもめどり 黒松 岩礁海岸
  かつおどり うみつばめ うねる水平線
  この国の 歴史を 知ってはいない
  この国の未来を知ってはいない
  けれども私は ここに生まれた
  けれども私は ここで育った
   私がうたううたではない
   あなたがうたううたでもない
   わが山々が私のうた 
   わが大地が私のうた
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-27 21:05 | Comments(0)

美空ひばり

昨日の夕方なにげなく、TVをつけたら最後まで見れなかった美空ひばりの追悼番組の再放送をやっていた。

彼女くらいなくなった後も、よく番組にされる人っていないと思う。そのため、私も彼女の歌を聴くようになり、今では大好きだ。それにしても、どんなジャンルの歌でも情感こめて歌いこなせる人だと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-26 11:57 | Comments(1)

~しあう こと

色々なところに講演に回っている方がある家庭教育学級で

~しあうということが人と人との関係において大切なんてことをいって

~の所に色々言葉を入れてみてください。といったら、最初こそ 話 とかそういった言葉しか出なかったらしいけれど、もっとあるでしょう。といったら

とうとう 愛 という言葉が出てきて 「そうでしょ、だからお子さんができてここにもきているんでしょう。」といったそうですが、sexは愛しあう の範疇にはいるんだあ。と思った。

sexするというということはやはり愛しあうことの原初的なパターンの一つに入る場合があるんでしょうねえ。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-23 21:46 | Comments(1)

ガーン、Tさんダウン

Tさん土曜の夕方以降音信不通になってしまい、どうしたんだろうと思い、先ほどメールを送ったら、日曜の夕方からダウン、今日はお粥を食べられたからフラフラしながらも、出勤との事

ま、ま、まさか私のせいではなかろうか。私がTさんが新たな一歩を踏み出したという日に、Tさんを裏切るも同然の・・・との再会をはたしてしまったりしたから。

叔母も癌で通院しているが、ずっと検査結果の数値がよかったというのに、今回は悪かったとのことやはり、私は満たされても、悪行の報いが他の人達に及んでいるのではないかと心配だ。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-22 20:16 | 夢日記 | Comments(0)

治りきらない傷

乳飲み子をもって授乳しているころ、乳房は治りきらない傷のようだ。と思った。

今の私の状況がそうかもしれない、いけないことという事はわかっている。はずだ。

果たして本当にいけないことだと思っている。のだろうか?

私との出会いが人生のターニングポイントかもしれないといっている人を裏切っている事にもなっている。その人は誰か妻代わりになる人を探してうろうろしていたけれど、すっぱりそういうことをやめている。そのくせ私は、こちらから・・・に、誕生日といえばメールし寒い日が続くといえばメールして、しだいに・・・との関係復活の方向にもっていってしまった。

私の気持ちが安定したとしたら、それはまた・・・と「さよなら」を取り消すことができたから、・・・が恋しいということが本当になかなかやめられない。

もし、・・・の事を全て忘れる事ができるのなら、そうしたい。と思う一方・・・とどうにかあえる方向に持っていきたいと考えてそう努力しているいるもう一人の私がいる。

だから、・・・の事は私にとって、病気といってもいいし、なおりきらない傷といってもいいと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-17 20:42 | Comments(0)

付箋

机の上にピンクの付箋があった。

書かれていたのは

「花散る里 光源氏が最も愛した 心安らぐ女性」

何を言いたいのか????
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-15 19:29 | 日記 | Comments(1)

奇跡のように

ツバメが飛んでいる

低くいくつもの弧を描き

ひたすらに飛んでいる

何千キロもの

旅をしたとは思えぬ

その黒と薄汚れた白の身体で


ひたぶるに ツバメ飛び交い 雲低し
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-15 19:19 | 短歌と俳句 | Comments(1)

やはり責任あるかも

私の勧めによって決めたとなると私にも責任が出てくるということがあるかもしれない。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-14 19:56 | Comments(0)

山のあなたの空遠く

山のあなたの空遠く 幸い住むと人のいう ああ、我人ととめ行きて 涙さしぐみかえり来ぬ
山のあなたのなほ遠く 幸い住むと人のいう

別に今が不幸だとは思っていない十年前に比べればずっと状況はよく、幸せになっている。
それなのに、なお・・・を求めようなんてばちがあたることだ。

・・・へ、どうしてか・・・の腕の中が一番安らいでいられるところのような気がする。母の胎内にも似て、もしかして・・・てかつて私の母親だった事でもあるのだろうか?
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-13 22:23 | Comments(0)