o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30

<   2005年 09月 ( 16 )   > この月の画像一覧

太田裕美の

木綿のハンカチーフを聞きながら仕事をしていた。太田裕美の声はかわいい。歌も明るい感じの歌なんだけれど、よくよく聴いていくとこれって、遠距離恋愛の失恋の歌だったんだ・・・って最後の方にわかる。
 でも、こういうカップルってたくさんいた、あるいはいるんだろうなあと思わされた。お互いが離れてそこでの生活に夢中になっていくと、多分恋人への想いというのも自然薄れていくものなんだろう。

 やはり名曲だと思う。

美空ひばりの歌を聞きたいのになかなか出てこない視聴率を上げるために最後の方なんだろうか?
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-28 21:13 | Comments(0)
名古屋に向かう万博エキスプレスの中で、むかいにとても仲の良さそうなわかい男女がいた。仕種からはカップルみたいだけれど、鼻とか目の感じとかとても良く似ていた。ソウルメイト同士は顔も似るというからもしかしたら、ソウルメイトのカップル同士なのかなあと思いながら見ていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-27 20:32 | Comments(1)

思い立ったが吉日で

 連休に愛地球博にいって冷凍マンモス見てきた。なんていう話を聞いても、ああそういえばそういうのやってたね。という感じだった。職場の旅行目的地アンケートでは愛地球博コースを選んだが、日程的にきついと思ったので残念ながらやめた。終わる頃が近づいていったという話をきいたら、とても行きたくなった。
 24日はまだ行事の疲れもあった。PC見たら、24日に行くつもりの人は23日の夜から並んでいた。という話を読み、それでは前日から行かないと入れないかもと思い、急遽思い立って24日の夕方家を出た。会場前で並んでまった。折りたたみの床机みたいな小さい椅子を持っていったが、皆グランドシートをひいて寝てまっている人ばかりだった。私ももって行けばよかったなあと思った。後ろにならんだ人のシートに頼んでお邪魔させてもらった。役に立ったのがバスタオルと、雨が降ったときと思って持っていった合羽だった。夜の寒さよけになった。寝てる時間は少しですぐゲートの前で待たせてくれた。もって行き忘れて後悔したのがデジカメだった。トヨタ館とパンケーキを配ったカナダ館以外は数少なくなったすぐ入れる外国館くらいしか入らなかったが、何しろ広く遠足へいったくらい疲れた。よかったのは外国館で売っているお土産がもう最後で安くなっていた事だ。めのうのネックレスやカンボジアのグリーンの手織りの絹のマフラーなどを買った。
 以前の職場の同僚だった人の夫が以前からイベント企画の仕事をしたかったからと、6年前に退職して愛知県で開かれる博覧会の企画の仕事に転職するといって、夫婦で退職して行った方がいたが、それがこの愛地球博のことだった。
 帰りに新幹線のホームで携帯のカメラを構えた人垣やマイクなどが見えた。どうも皇太子が帰るところだったらしい。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-26 21:21 | 日記 | Comments(0)
初めから終わりまで火の粉が良く出るキャンプファイヤーだった。デジカメもっていなかったので、携帯のカメラで写真を撮ったけれど、それでも炎の周りに薄く赤い火の粉の層が写っていた。
  手塚治虫作、火の鳥にでてきた。シッダールターがスジャータを救うために出かけた世界に舞う命の群れに似ていた。本当に命が舞っているそんな感じの火の粉が最初から終わりまで出ていた。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-23 14:47 | 日記 | Comments(169)

久しぶりに娘と買い物

かわいいスカート見つけたから・・・というので買いにいった。目当てにしてたのはなかったようだけれど、私も気に入って試着してみた膝丈のがあった。私が履くときついが娘にはちょうどよかったので、それを買う事にしたが、そうすると合わせる上の服ということで、散々色々試着してこげ茶のタンクトップとブルーのカーデみたいのを買った。そうすると次は靴が欲しいという事で、靴もかったけれど、それは娘が少しずつお金を返すというので当てにしないで返してもらう事にした。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-18 11:25 | 日記 | Comments(0)

えらい

どういうわけか見た感じ小顔になった方がいる。後姿を見てもほっそりとしたような

お聞きするとダイエットしたそうだ

しかも、私のようについ薬局で安そうなサプリメントを購入したり、もらったお年玉で一万近く通販のサプリメントを買う育ち盛りだからダイエットしてはいけないはずなのにそういう無駄な事をする私の娘と違い

「お金をかけないでしたいと思ったから・・・」ということで、食事ごとに以前よりご飯を食べる量を減らすとか、間食もしてしまうけれど、今まで全部食べていたのを半分にするなどの自己規制をして、人間ドックの前までに6キログラムもへらしたのだそうだ。

とってもえらいと思う。見習いたい
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-17 11:28 | 日記 | Comments(1)

材木屋さんは面白い

材木屋さんはどういうわけか道路の両側にまたがってあることが多い。

今日その一軒にキャンプファイアー用の木材をもらいにいく手伝いをした。

普段入ってみることのない材木屋さんはとてもおもしろい、カナダから輸入された。十何メートルも枝がなく、ほぼ円柱形の木材などが置いてある。野外炊事の燃料用の木っ端をもらいに行った子供達が何かうきうき嬉しそうに帰ってきたという気持ちが良くわかった。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-16 22:41 | 日記 | Comments(0)

庄司薫の本 夏目漱石

後、昔の芥川賞作家庄司薫さんの本あまり作品は多くないのですが好きで時々読み返します。残念な事に「さらば怪傑黒頭巾」だけなくしてしまいました。何故作家活動をやめてしまったのかと残念な方です。
 今の世相と送られてきた人生をどのように庄司さんは考えてらっしゃるかお聞きしたいものです。

後、追いつけ追い越せの富国強兵の時代に、日本人としての良識を持って作品を世に送り出し続けた夏目漱石です。漢詩も書くし、俳句も詠むといった日本文学の素養を持った英文学者なのに小説家であった夏目漱石のものの感じ方とても健康的で素直で好きです。

ドイツでもモテモテだった森鴎外より、日本の妻からの手紙を待ちわびた漱石の方が好感が
もてます。

夫とするには大変な人だったことでしょうけれど
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-15 21:10 | 本の事 | Comments(0)

もう一つ

それは杏仁豆腐です。誰が考え付いたんでしょうね。あのお菓子?しょっちゅうかって食べてました。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-15 20:56 | Comments(0)

ええっとそれはですねえ

抹茶味のお菓子

というところです。今年はやたらに抹茶味のお菓子が出回っているようなきがします。抹茶クリームが入った抹茶を入れて焼いたスポンジのお菓子とか、昔から抹茶アイスというのはありますけどね。緑茶好きの私としたら、抹茶味は味も自然な上品な味になるし、健康的な感じもして大好きです。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-09-15 20:39 | Comments(0)