o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

<   2006年 01月 ( 20 )   > この月の画像一覧

虫除け

最近娘がどうやら、化粧している。娘が言うのには「私なんか可愛いもんだよ、同級生と比べると。」などという。そこで、私は「お馬鹿の学校?そんなに高校生が化粧なんかに現をぬかしているなんて。」という。

私が高校の頃は、高校生が化粧など考えられないことだったし、眉を整えるなんてこともしていなかった。

 ところで、娘はよくおじさんなどに声をかけられていたらしいが、「最近制服を着崩していると声かけられないことに気がついたから、行き帰りは制服を着崩すことにした。」といっている。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-31 20:00 | Comments(1)

人の幸せは・・・の味

娘の中学時代の友人?に彼氏ができた。

その子は娘曰く、顔よしスタイルよしだけど性格悪くて友達いない。でも、むこうからよってくるからつきあっていた。という子である。

写メみせてもらったらなんとそこには娘好みの顔が・・・

そこで、娘が言うには「人の幸せはしぶがきの味」とのこと


彼氏が欲しくてたまらない娘は、2チャンネルのカップル板にいっては、欝になっている。という。それならそんなもの見なければ良いのにと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-30 22:39 | Comments(0)
ものすごい新聞記事を読んだ。ロシア共和国の軍隊であったリンチ事件の話
以前からそういったことが常であったという話だ。

まだ、18歳の兵士が取り立ててなんの理由があったわけでもなく、上官たちにいすに縛り付けられて、リンチを受け軍医も上官もほっぽらかして4日間もそのままにしておき、4日後にやっと救助された時は、両足の壊死がすでに始まり両足、性器、指を切断しなければならなかったのこと、それでも最初国防省の責任者はたいしたこととはとりあわなかったらしい。
 関わった上官たちもせいぜい執行猶予刑と書かれていた。

18歳といえばまだこれからがある青年なのに彼はこの後どう行けていけばいいのだろう。
たとえ傷がいえても障害は一生残る。またそれにもまして将来ある身でそのようなめに遭った心の傷と、傷害を負った体で今後の人生を生きなければならないという苦しみは想像を絶する。また、子供がそのような目に遭わされた親の気持ちを考えるとそれも耐え切れないくるしみだろう。

また、そのような苦しみを人に与えてしまった人の罪を考えるとこれも大変怖いことだ。いつかは自分に何らかの形で帰ってくるのだろう。

以前、イギリスの軍隊でも新兵に対するリンチという、ニュースがあった。軍隊そのものが暴力を執行する機関であるから、そういうったことは避けられないのだろうか?
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-29 12:59 | Comments(0)

体は覚えている

22~3年ぶりにスキーをした。

最初はまったくする気はなく割り当てられた写真をとる仕事に専念するつもりだったけれど、習ったり、滑ったりしている姿を見たら私も滑ってみたくなってブーツと板をかりた。

最初は滑れてもうまくとまれなかったが、しばらくすると次第にとまれるようになってきた。

もう、四半世紀近く前に滑ったきりだったからだめかなあと思っていたのに、意外や身体はそれなりに滑り方を覚えているということに驚いた。

それにしても、、やはりゴーグルを用意しておかなかったのは失敗で写真をとるにしてもデジカメでとったので、明るすぎてあまりデジカメにどのように写っているかを確認することが難しかった。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-28 19:46 | 日記 | Comments(0)

丸子梅園

300種以上の梅の木がある梅園ということで、丸子梅園にいってきてみた。今年の冬はことのほか寒かったせいか、一月の第三土曜日から開園されるという、丸子の梅園の梅の花はほとんど開いていなかった。

咲いた梅の花に花を近づけると独特の香があった。いっせいに開いた頃はとてもきれいなんじゃないかなあと思われた。

山の斜面に一面に梅の木が植えられていて、駿河湾を望めるという場所もあった。よく晴れた日には天城山などがみえるらしい。

まだ咲かぬ 梅の梢や 駿河湾
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-28 18:59 | 短歌と俳句 | Comments(0)
命がけの仕事といえば、スタントマン、レーサー、消防士、警察官、その他いろいろ考えられるだろうが…

児童相談所の職員も結構その中に入っているということがわかった。今日そこで働く人の話を聞く機会があったが、ホームで列車を待つ時先頭には怖くて立てない時期もあったそうだ。
また、なかには防刃チョッキを職員に配った施設もあるという話だ。命がけで子供の命を守る仕事をしているということになると思う。

児童虐待で命を落とすのは乳児が一番多いというのも意外な事実だった。

また、性的虐待の犠牲になっているのは本人の申し出がない限り分からないことではあるが、全体の15%にも当たるということも報道されたらしいが驚きの数字だった。中には性的虐待で犠牲になって死んだ乳児というのも外国にはいるというはなしだった。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-25 20:02 | 日記 | Comments(1)

練り梅違い

娘に何かって来て欲しい?ってきいたら

練り梅とこたえるので

なんでも、巻き寿司などにいれるあれか?

と思ってかった。でも何気に干し梅種抜きというのも目についてかってかえったら、実は娘が食べたかったのはローソンで売ってる、グミでもない干し梅でもない。チューイングキャンディーみたいなものがほしかったらしい。

でも、まあ干し梅がそれを代用してくれた。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-22 15:19 | Comments(0)

告白

曽我ひとみ夫妻のことがドラマ化された「告白」をみた。

曽我ひとみさん役は本人よりだいぶ器量がいいがとにかく似た役者を良く見つけてきたなあということと、役者の演技がうまいことに感心した。

また、ああいう状況では夫婦が肩寄せあって生きていくしかないから、夫婦仲はとっても良くなるものなんだなあと思った。それは蓮池夫妻やもう一組のご夫妻にも言えるのだろう。不幸な環境にありながらそれはそれで幸せなことなんだろう。かえって平和でなにごともないことが夫婦の危機をまねいていることもあるのだろう。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-21 22:39 | 映画 | Comments(0)

インフルエンザ?

金曜日の朝「おなかが痛い」って言っていた娘に「休めば」っていったら、体育があるからいくという。娘の学校では具合が悪くて欠席しても体育の授業を受けなかった分、学校に来た時に放課後走らされるといことで、それが嫌な娘は無理をして学校に行き。より具合を悪くして帰ってきた。もう遅いので市内の病院はやっていないので隣の市の病院に連れて行ったら、インフルエンザの場合発熱後6時間たたないとだめだから、まだ明日具合が悪かったらくるようにといわれた。

朝雪が降っていたし土曜日でも午前中はあいている近所の病院へつれていった。インフルエンザの検査ではーがでた。9度1分もでていたのに、それで血液検査をしてくれてインフルエンザの診断書をだしてくれたので、娘も出席停止にしてもらえるから走らないですむと喜んでいた。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-21 22:22 | 日記 | Comments(0)

このくらいの雪で

豪雪で生活に支障をきたしている地方のことをテレビで見ると、ほんのちょっとの雪でとけてほしいとか言ってたのが申し訳ないような気分になってしまった。

今日まで暖かかったけれど、また明日からは厳しい冬の寒さが戻るらしい。
[PR]
by whitefullmoon | 2006-01-15 20:41 | Comments(2)