o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon

<   2007年 12月 ( 20 )   > この月の画像一覧

今日は9時過ぎからずっと台所で、刻みもの煮物ばかりしてた。最後に里芋を煮てるときに一休みでPC立ち上げて焦がしてしまった。あとこんにゃくが煮てない。きんぴらごぼうもごぼうが足りなくて刻んであるだけ。ごまめはまだ。でもレンジでチンすればすぐ作れるからよいとしよう。
 昆布巻きが身欠きにしんを買ったのが遅かったので、よく戻ってなくちょっとゆでて使ってみたがどうだろう?

 ほんとはゆっくり更新したいが、子供がなんだかチャットをしたそうで交替と相成りそうでゆっくり更新できずに残念。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-31 18:36 | Comments(2)

アトピーがなおったので

となりの市に評判のいい皮膚科があるというので、2時間お休みをもらって20日に行ったらなんとその日が休業の曜日だった。あきらめきれずに通勤途中の道をちょっと入ったところにある市内の内科皮膚科の病院によってみたら、皮膚科はやっているということで見てもらったら、女性の先生で話も良く聞いてくれ説明も良くしてくれた。以前別の市内の皮膚科でもらった薬はつけてもあんまり良くならなかった。同じ薬をうなじ用にもらったのだが、まぶたは別の薬だった。数日間いわれたとおり日に二回ほどつけていたらすっかりよくなってしまった。
 
 おかげで今まで楽しめなかったアイメイクも楽しめるようになった。

 先日はじめて通販でマスカラをかったんで、それをつけてみたらなかなかまつげが長く見えるようになってよかった。

 とっくにほかの皮膚科を試してみるんだったなあと思った。それとも、さぼりがちだがクンルンしていることとの相乗効果かなあ?
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-30 12:21 | Comments(2)

不思議の国 日本

 娘がバイトに行くのにまにあわないから送ってってくれというので、イブの日に送っていった。なんでもサンタ用のワンピースのコスプレをしなければならないからとのことだった。そのあとCDを借りにいったら、そこの店員も軒並み、サンタのコスプレあるいはトナカイの着ぐるみをきてレジを打っていた。中でも気になったのが女性店員、赤に白い縁取りのあるワンピースなのだが、肩紐透明の肩だしワンピースで寒そうに血色も悪く鳥肌立っている感じで見ているこちらが寒くなるような気がした。お色気?を狙ってそういうワンピースなのかもだが、中の暖房も十分ではないしいかにも寒そうで、クリスマス気分を壊してしまいがちだった。

 それにしても、ほとんどクリスチャンもいない日本で商戦のみならず、クリスマスが定着しているというのは外国から見ると不思議な国なのかもしれない。なんでも日本人は気に入った外国のものは自己流に取り入れてしまう。またそれが上手なんだろうと思う。

 ほんとに日本独自の年中行事なんてどのくらいあるのだろう?と思うと逆にあるのかなあ?と思わずにはいられない。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-28 20:13 | Comments(2)

やっちまったー

多分先週か先々週の日曜日ATMでお金を下ろそうとしたら、画面が暗証番号の変更をになってて、あれ?おかしいなと思いつつ変更してお金を下ろした。
 そして今日またおろそうとして以前の使い慣れた番号でおろそうとして『暗証番号が違ってます』でも、思い出せないたしか日付にちなんだのにしたはずだったのにーとおもい当たるものを様々試してみたけれどだめ。暗証番号照会には1000円以上もかかるらしい、明日渡来してだめだったら、もうキャッシュカード使うのよそうかな。ついでに給料の振込先もかえようか?とも思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-25 16:35 | Comments(3)
30cmくらいのミニツリーにできそうな木が200円で売っていたのを思い出して、文房具屋さんでビーズのシールや手芸屋さんでスパングルをかっていったはいいが、肝心の木のほうがもううりきれてしまっていた。来年こそ飾ってみよう来年も生きていれば…まあそのつもりではあるのだけど。
 
 ネットでローストチキンの作り方を見たら意外と簡単そうだったので、鳥腿肉をつかいローストチキン風にオーブンで焼いてみたらおいしかった。岩塩をつかったのがよかったのかもしれない。もう30年近く使い続けている電気オーブンでいまだに使える。買った頃はほとんど使わなかった。家庭をもってから使い始めたから最初の10年くらいはただほこりをかぶっているだけだった。いまでもグラタンとかオーブンを使うものはそれをつかっている。ついでにスポンジの台だけ買って、イチゴとホイップクリームのもと(もうミルクから作られたのは売り切れていたので植物性)をかって、イチゴのショートケーキも作った。肉の周りにおいて焼いた香味野菜もおいしく結構満足した食事ができた。ケーキを食べるから主食はなしにした。あと水菜とりんごのサラダを作った。飲み物は赤ワインクーラーあんまりこれはおいしくなかった。ジンジャーエールと混ぜたのだけれど。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-24 19:12 | Comments(2)

初練習会

少ししたら、三島で2年クンルンをしているSさんがやってきた。もう一人くるからということで、30分まっていた。その間におかげさんがクンルンヒーリングというのをやってくれた。最初にやったもらった人は何も動かなかったけどとても暖かかったといっていた。二人目の人はびくびく体が動いていた。わたしはクンルンのときみたいにくっくっくっと笑いがこみあげてきただけだった。何人かクンルンする人たちが集まったというだけで、すでになんかゆらゆらゆれそうな気分だった。会場になった部屋の真ん中は観葉植物の鉢がくるっと囲まれておいてあり、会場提供主はその中で睡眠もとったりするというはなしだった。
 カーテンも締め切ってあって日差しは入らないし、クンルンをするにはちょうどいい場所だった。始まる前から音楽も流してくれてあった。
 
 クンルンが始まったとたんに結構笑いがこみ上げてきた。となりのおかげさん講習会のときと同じようにすごい声や動きをするんで、こちらもついついおかしくなってしまい笑いがこみあげてきてしまう。私と同じ時期にはじめたというHさんは最初っから異言を発しっぱなしだった。そのうちわたしの左どなりのSさんも声を出し始めた。「まーみんな声をだすんだ…、すごいなー。」私にはまねできそうもないなあと思っていたが、なんとそのうちわたしもハミングのような声が出始めた、そしてそれはいつのまにか低い叫びから高い叫び声にと変化していった。声をだすのがなんだかとっても気持ちよかった。音楽が波の音になったらおしまいときいていたので、波の音になってしばらくしておしまいのポーズをとったけれどいつもはその20分間の我慢がなかなかできないのだが、みんなでしているとそれが余り苦にならなかった。
 終わって東神奈川駅前のサティーで買った水をあっというまに500mℓ飲めてしまったこととただの水がおいしく感じられたことに驚いた。とても満足のいく・・・をした後のように、とってもすっきりした気分になれた。一人でやるよりか複数でしたほうが、クンルンはずっと楽に楽しく充実してできるということが実感できた。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-23 21:24 | Comments(2)
横浜で開かれるということでクンルンの練習会へ初めて参加してきた。JRで行こうかバスで行こうか迷ったが、往復300円高くなるが楽なのでバスで行くことにした。横浜駅行きのバスに乗るのは初めてだった。ついたのはそごうデパートの近くで、そごうデパートの建物に添ってバス乗り場になっていた。早めに行ったついでに東神奈川に借りたという娘の部屋をみておくことにした。JR横浜駅から一駅なのでかえって、なかなか各駅停車の電車が来なくて10分以上まった。東神奈川の駅から多分この着信履歴がそうだろうという電話番号に電話をかけたら、そのとおりミニミニだったので場所を聞くと東神奈川の駅からまっすぐ、新横浜方向へあるいていけばいいところだった。もう12月からの契約だったので、鍵も渡したいということを言われ(留守電画家かって来た用件は多分このことだったのだろうが)鍵をもらい、案内してもらったが、案内の女の子も務め始めて二ヶ月ということで、物件から東神奈川の駅まで行ってもらうのに手間取っていた。また部屋も雨戸をあけようとしてなかなかうまくあけられず、却って私のほうが開けてしまい。ヾ(ーー )ォィしっかりして)という感じだった。二階とおもっていたら一階で
窓を開けて見えるのは隣の家の庭で南向きだけど結構回りに建物があるので、あんまり日差しは入ってこなかった。

関内の駅北口降りてすぐのビルということだったが、出掛けに忙しくて地図で場所を確認できずにきてしまったので(プリンターがないからプリントアウトできない)近くに来ていながらぐるぐると探し回り、やっと隣の和食のお店?で聞いたらすぐとなりというがことがわかり、予定開始時刻の2~3分前にやっとたどりつけた。あとでみたら、ビルの名前がでかでかとでていた。
駅よく掲示してある地図を探して住所で場所を確認してみればよかったと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-23 21:01 | Comments(2)

忘年会にいった

職場の忘年会に行った。去年は湖月で今年はおととしと同じ鐘山苑だった。

酒気帯びを心配せずにいけるようにと大型バスで行くこととなった。着いたころはもう真っ暗だったので、植木のイルミネーションがとてもきれいだった。後で携帯カメラで撮ろうと思っていたが、二次会が終わった頃にはもう消されていて、ついてすぐとっておけばよかったなと思った。

宴会でだされたガラスの器が食器洗い機で洗われているのか、透明なので白っぽいよごれが余計目だっていてちょっと気になった。仲居さんにはいっておいたけれど、つたわったかどうか?少々心配
飲み物は何を頼んでもいいということだったので、私はウィニングランというカクテルを頼んだら、ソルティードックに似ていておいしかった。二杯のんだ。

二次会はカラオケルームだった。私も4曲歌ったけれどそんなに歌ったことは初めてだった。
部屋に戻ってお風呂に行って、もう遅いので私は布団で寝ようとしてたら、後から戻ってきた人たちはビールがあるから一人では飲みきれないからみんなで飲もうと5人で二本をあけていた。最初は気を使って小さい声で話していたが結構後は普通だったのでうるさくて寝づらかった。よく深夜に飲み食いできるなあと感心、次の日の肌の調子や胃腸の調子が心配で眠りたかったのに結局は同室の人たちが休むまで私も寝付くことはできなかった。

 次の日隣の人の携帯が目覚ましになっているのかうるさくて目が覚め、7時前に朝風呂に行った。曇りだったので残念ながら露天から赤富士を見ることはできなかった。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-22 15:16 | Comments(2)

アトピー

一時よくなったかって思ったまぶたのアトピー、やはりだめなので一時間休みを取っていいといわれる皮膚科に行ったらお休みだったので、もう一箇所いってみた。
 行きつけのところよりいろいろ詳しく話を聞いてくれたり説明してくれたりした。一年以上も前からで、行きつけのところではよくならなくてあきらめていたけれど、丁寧に説明してくれたんでここのほうがなおるかもねと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-20 21:19 | Comments(2)

クンルンにいい水

先週ある事故が同じ市内で起こった、そのことに絡んでちょっと地域の見回りに行くことになった。そのとき一緒に組んだ人の一人が、天然水が湧き出していて、それを汲めるようになっているところを案内してくれた。通勤につかっている道の結構ちかくで、こんなところにあったなんてしらなかったー。という思いだった。
 
 そして今日、クンルンをしている近くの人と会うことになり、その会う場所に行く途中にその池があるので、行きがてら水でも汲もうかと水筒を二本もって水を汲んでから行った。
 クンルンやってるSさんはレベルⅡまでもうすでに受講した方で、話をしながらも上半身をぐらぐらゆらしてるんで、「クンルンめいてるんですか?」と聞いたら、そうではなくてその方が健康にいいからで「Kanさんもよくやってるじゃないですか。」と言っていた。向かいに座っている人がそんなふうなんでなんとなく自分もクンルンめいてきてしまった。そして練習会やそのたクンルン始めてからのことなどはなして、喫茶店を出て「湧き水って興味あります?近くにあるんですが行ってみます?」と聞くといってみたいというので、つれていった。朝よるときはちょっと行き過ぎたりしたが今度は大丈夫だった。「こんなところにこんなところがあるなんて・・・」と感動しているようで、「汲んでみます?」ときくと汲みたいというので車の中に「私が飲んだ空のペットボトルでよかったら使います?」と聞くと「あらえばいいから使う。」というので、渡したら汲んでからさっそく飲んでいた。
c0030954_13154717.jpg
c0030954_13161727.jpg

c0030954_13171957.jpg

そして彼曰く「クンルンしてる人は水を一日に2ℓはのみなさいっていわれてるじゃないですか?」という。どうも私は水を飲むのが苦手だ。お茶だったら日に何杯も飲む。だからもしかして、このことは「クンルンしてるんだから水をもっと飲みなさい。」というメッセージなのかもしれないなあと思った。私たちがいる間にも車で水を汲みにきている人たちがいた。そこは天然の池を改修してある場所だが、道を挟んで反対側には前から知っている泉があるのでそこも歩いていって案内しようと思ったら、どうもない「あれおかしいな?もう一本上の道沿いだったかなあ?」と思い、「また車でちょっといってもらっていいですか?」といって車にのってもう少し上の道をさがしたが結局ぐるっと回って元のところにきてしまった。やはり泉の場所は元のところでよくて、降りていくあぜ道を間違えていたことに気づき「やはりここでよかったんです。すみませんねー。」といってもう一本川沿いではないほうのあぜ道に入っていってその泉というか池を案内した。以前は春だったせいか、そこから陽炎ががゆらめくように水が湧きでているのが見えたが、それはなかった。でもきれいな藻が生えていて感動したようだった。
c0030954_15285615.jpg
c0030954_15292720.jpg

[PR]
by whitefullmoon | 2007-12-16 13:18 | Comments(10)