本質につながって生きる

whitefullm.exblog.jp

o(・`_´・)ノ

<   2008年 11月 ( 22 )   > この月の画像一覧

 今日は月一の牛舞両先生のプラクティカだった。歩くところからオチョ・とめられた足を乗り越えてとか、足を動かされるステップ(全て名前は忘れた)なんかを教えてもららった。あと私が出来るようになりたいと思っているボレオだった。場所は市に新しくできた、市民交流センターというところだった。2時少し前に行くと駐車場はいっぱいで、裏のほうまで回ってやっととめることができた。日当たりがよく、新しく綺麗な床で靴のすべりが良くてとてもプラクティカに向いていた。しかも大きな鏡までついていてプラクティカには最適なところだった。教わったのは普段練習にきているNさんと、フラを踊りに行っていてちょっと期間があいてしまったSさんと、先生と私のたった4人だけだったので、なんとも贅沢なプラクティカだった。
 最初に教わったオチョをして足を止められて乗り越えるっていうのや、足を移動させられるのはなんだか普段練習のときにリードされていたような覚えがあったので、それほど苦労せずにできた。「以前はごつごつした動きだったけれど、滑らかになりましたね。」といわれてうれしかった。

 あとボレオも実は後ろに蹴り上げているだけっていうことが分かった。ピボットするからなんだかとっても複雑な動きに見えるだけということも分かった。これで一人練習(意識的にするわけではないけど)のレパートリーにボレオの練習が加えられるなぁと思った。

 忘年会も実はミロンガでそれも実はプラクティカという感じだった。なぜなら、そこにお二人が参加してくださったので、二つも新しいステップを教えてもらえたからだ。今日はとってもいい日だった。ただ、床がぺとぺととしてあまりすべりが良くないので、舞先生がベビーパウダーを床に撒いてくれた。
 
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-30 23:17 | アルゼンチンタンゴ | Comments(2)

不便なシンクライアント

情報漏れを防ぐためのシンクライアントシステムなのだがそうだ。PCの端末だけ貸与されるので、小さく軽く引き出しにも収まるという点はいい。
 でも、決まったUSBでしか情報を読み込んだりすることはできない。だから、家でしていった仕事の続きを職場でやろうとしても出来ない。家にPCがらみの仕事は持ち帰れない。しかもインターネットをつかってシンクライアントでも家で仕事ができるらしいが、無線ランだと出来ないので私は使えないし、それで結局以前と同じように自前のPCで仕事している人が多い。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-30 10:06 | Comments(0)

ミロンガ

やはり、今日も最初ミロンガのステップだった。ユーチューブで最初に動画を見せてくれていて、これをやってみましょう。ということだった。軸足はそのままにして左足を前に横に後ろに横にと小刻みにステップを踏む練習だった。そのあとミロンガを踊ったけど、ミロンガって右足にばかり負担がかかりがちになる。
 Nさんがだんだん一曲途中で途切れずにリードできるようになってきた。一回先生がNさんと女性役になって踊ったが、うまくリードされていて、私なんかよりずっと綺麗に女性役を踊っていたので、感心した。
 前回、今回とかなりクローズドで組んでの練習だったので、全く足元見えないけど、なんとなく足が動かせた。でも、時々どう動くの?と思うこともあった。ボレオもできるようなリードしてくれるけれど、まだまだ私は自然にボレオができなくて、とっても残念007.gif早くボレオができるようになりたい039.gif
 今日もたくさん踊れたので楽しかった。明日も牛さん舞さんを迎えてのプラクティカだからきっとまたノンストップの練習だと思うけど、楽しみだ。そのあと忘年会でまた踊るのでそれも楽しみ006.gif
 結構私もタンゴ踊って脳内麻薬でまくり…になりつつあると思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-29 23:02 | アルゼンチンタンゴ | Comments(0)

Ocho Cortado


[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-27 22:56 | Comments(0)
木曜のプラクティカにいったら、すでに先生とNさんが来ていた。Nさんは土曜日に文字通りマンツーマンで教わったということで、かなりリードが自然になっていた。

 今日は最初に苦手のミロンガとオチョコルタド?っていうのを練習した。ミロンガは基本のステップだけだったら、そんなに難しくなくNさんと何度も練習した。でも先生のように時々変化をつけられるとやはり難しい。でもだいぶミロンガも恐れるにも足らず?って思えるようになったかもしれない。オチョコルタドはそんなに難しくなかった。オチョを続ける代わりに足をクロスでとめるというものだった。先生はユーチューブの動画をプロジェクターでみせてくれたけれど、それは彼がアメリカで教わった先生が教えている動画だった。

 久しぶりに本格的に踊ったが、先週も自主練習的にやっていたせいか、最初に二曲おどったときに「いいですよ。」といわれて「よかった~。」と思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-27 22:40 | Comments(0)
韓国の時代劇を見ていて思うのは、韓国も日本と同じで一部屋で寝食をすましてしまうという。空間を贅沢には使わない暮らし方だ。それはどんなに身分の高い人もそうで、王様が執務する場所で謁見もし、食事はそこに膳が運ばれてきて、王妃や後宮のところに行かない限りはその場所で布団を敷いて寝ている。それは王妃や大妃もすべてそうだ。
 長い座布団のようなものに布に綿をつめて作ったような椅子の背のようなものと、直方体と立方体のこれまた布に綿をつめてつくったようなクッションをおいたところに座卓を前にして座り、来訪者とはその座卓を挟んで対面する。もてなすときもそこに茶菓の載った膳がはこばれて来る。王様がくればそこで布団を敷き一緒に休むといった具合だ。王様や大妃といった日には宮殿内の移動ですら輿に乗っての移動だ。

 ヨーロッパなどの王族や貴族が住む宮殿と違い、部屋が用途別にあって人がそこに目的によって移動ではなく、一部屋を全ての用途につかうという空間を贅沢には使わない暮らし方をしていて、興味深い。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-24 20:54 | Comments(0)

女人天下

カンスヨン(もう40過ぎくらいらしい)主演の女人天下という150話もある韓国の大河ドラマが毎日一話ずつ更新されているので見ている。

大河ドラマとしては例年になく視聴率も高いらしい篤姫をわたしも原作を読んだことがあったので、興味を持って見始めていたが「女人天下」を見るようになって全く見る気がおこらなくなってしまった。

 それはあまりにも篤姫が綺麗ごとの感動話ばかりが詰まっていて面白くないからだ。女人天下には人間のぎりぎり状況下で葛藤する姿が描かれているが、篤姫はどんな悪役の人も篤姫と触れ合ってそのふところの深さに相手が感動し、お互い人間同士の心の絆がうまれるというきれいごとばかりで全く面白くない。

 それよりも自らの生き残りと野望をかけてしのぎを削りあう後宮や、彼女らと結託した朝廷の大官たちが権力闘争にあけくれる姿を描いた女人天下のほうが、きれいごとではなく人間の本性を描きだしていて面白い。

 まぁたしかに自国の歴史としては国民の暮らしそっちのけで、権力闘争に明け暮れていた支配者達の姿をドラマ化というのは恥ずかしいことかもしれない。でも、日本だってそれは同様な面もあったと思う。日本の大河ドラマのように美化しすぎるのはドラマとしては全く面白くない。

 日本はアニメは優秀な作品が作れるのになんでドラマでは韓国に負けるんだろうなぁと思う。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-24 20:32 | 本の事 | Comments(2)

長男が送ってくれたDVD

NHK大阪の番組で取材されたということで、京都にいる息子がサークル活動を紹介した番組のDVDを送ってくれた。個人的にも取材されていて、部屋の中で自分で独自に編み出した練習法などを紹介していた。硬い感じなのは相変わらずだったけれど、ここまで好きならその道で生きていけるように応援してやってもいいかも?と思うくらいだった。
 和太鼓を打つときもタンゴと同じで体の軸がぶれないようにしなければならないらしい、身体を使った芸術的なものはすべて身体の軸をしっかり地球につなぐということが必要なのかもしれないと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-24 19:23 | Comments(2)

昨年は

紅葉の名所の紅葉をみのがしたので、今年はどこか見たいと思っている。昨日丹沢湖畔にいった。人工湖で、かなり水が多く感じられた。あまり赤く紅葉する木はなさそうだったが、水面に近くもみじが紅葉しているのが映っていてきれいだった。し~~~んとして音もなかったが間をおいて二台ミニパトがはしっていった。湖畔を回って戻るとき3台くらいパトカーがとまっていた。つりにきてると思われる人達の車も数台とまっていた。湖畔の周りの山林で何か事件があったのかもしれない。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-23 14:49 | Comments(0)
体を一度オフバランスにして自分の足元に出した足をまた元に交差するように戻すステップはボルカーダっていうらしい。なんか見ていてかっこいいし出来るようになりたいステップの一つだ。やはり見て綺麗に見えるステップっていうのができるようになりたい。自分がうまく踊れたって思えるときは人が見てても綺麗におどれているようだ。多分ミロンガなんかはみっともなく踊っているんだろうなぁと落ち込む。
[PR]
by whitefullmoon | 2008-11-16 23:36 | Comments(0)

o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon