o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2016年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

F15フリーフロー

〇〇〇子の過去と書いた旅らを開けると、白い煙がぶわんと吹き出した感じ、中では粗末な身なりの男が台車のようなものを一生懸命押している。ヨーロッパ近代の労働者のようだ。そこが前意識をなくして、目覚めた時にピエモンテって言葉だけどういうわけか覚えていたその場所なのかな?と思った
[PR]
by whitefullmoon | 2016-04-24 10:36 | ヘミシンク エクササイズ記録 | Comments(0)
まるの日さんの夜会で、二時入り水晶をもらった、しかも虹の部分が梅里雪山みたいな山脈状いったいこれはなんだ?なぜ未踏峰の梅里雪山みたいなんだなんおメッセージだということで、水晶メッセージを知ろうと思い長坐でも寝ちゃうことも最近あるので、椅子に座って聞いてみた。胸のあたりに件の推奨ポイントを服の胸のところに入れるようにして(たまたま胸のところにひだのあるデザイン)直ぐにガイドの気配を感じた。しかも、なんとガイドがすごく私を愛してくれてるってのが伝わってきた。ガイドも自分だから、自分が作った私だから愛しまてて当たり前なんだみたいな感覚。で水晶のことを知ろうすると、虹色の長い髪の漫画のキャラみたいな女性の姿が思い浮かぶ、と同時にやはりブラジルで掘られて、中国で加工という自我が知っているからそう思うのかな?というそういう思い、またワンショルダーのミニのワンピースのラムちゃんみたいな活発な感じでちょっとSっぽい若い女の子も思い浮かぶ。光がないと虹は出来ないみたいな思いが浮かぶ、光があるから虹ができる。そして最近読んだ虹色蛍は虹色ほたるが出るときは奇跡がおきていたなということも思い出す。終わり頃に、水晶がヘミシンク手伝ってあげるからとちらっと言ってくれたような気がした。
[PR]
by whitefullmoon | 2016-04-23 09:19 | ヘミシンク エクササイズ記録 | Comments(0)

向こう一ヶ月の・・・

昨日意識を失ったので、リベンジで聞いたが、途中電話がかかってきて中断してしまった。ガイドさんは背中にトンボの羽みたいなのをつけて歩かず空中に浮いてた。新しい精神を作るというところでは、どういうわけか、恐竜と会話とかしていてそれに専念できなかった。なので、頑張って新しい自我をというところで一生懸命わからないながらも考えてたら電話で中断されてしまった。
[PR]
by whitefullmoon | 2016-04-06 22:36 | ヘミシンク エクササイズ記録 | Comments(0)

F12 5メッセージ

砂浜から、風呂敷に包んだ生首みたいないらないものを、途中のエネルギー変換物置に入れて、ヘミシンクの館に向かう。最初はヘミシンク道場と思ったがどうやら雰囲気が館なのだ。噴水なんかのある庭を通ると白い石造りの建物がある。中に入るとガイドさんが出迎えてくれたが、どうも目がアンパンマンのドキンちゃんの目をしている。なぜか知らないけど、ファイブメッセージだな、何が届くのかな宇宙の果てからと思っていると、バイクで宅配のダンボール箱がきた。中をあけると、黄緑色の葉っぱがついているなんかの苗木だ。なんの苗木かわからないし、どうやってそだてりゃいいのかな?ま、PCで検索してみるか?と思う。次に生ゴミが腐ってキンバエがブンブンしているようなイメージ。多分これは腐れば木を育てる栄養になるってことなんだろう。と思う。次に浮かんだのが落雷で山火事になる様子。でも山火事も、雨で火が消されてしまう。そのあとが、お猿のジョージが出てきていったいなんだろう?とわからないうちに今度は奈良の大仏を下から見上げているイメージなんのことかよくわからないけど、いずれわかるんだろうと思う。ガイドさんにほかのガイドさんにも(とくに先ほどのF15探索で出てきた愛想のない中世の従者みたいなガイドさんにもよろしく)という気持ちでヘミシンクの館をでた。
[PR]
by whitefullmoon | 2016-04-03 14:47 | ヘミシンク エクササイズ記録 | Comments(0)

F15

海の音のところは遠浅の浜辺を足を濡らしながら歩いていることにしている。気づいたら、服はまだ手に入ってないヘンプのワンピースだ。少し海を離れたところにエネルギー変換ボックス用物置があり、そこに「840円もしたきつきつのベージュのタイツは一回履いていったいどこにやってしまったのか?」とか探索に不要な気になっていることをいれる。
 もう少し海を離れたところに一軒の平屋があり、そこの居間に座ってるとF10で、上の階に登るとF12、F15と変わっていくことにした。平屋だけどいいのだ。非物質界だから行こうと思うとあるということで、つじつまがあわないのは夢とおなじである。
[PR]
by whitefullmoon | 2016-04-02 13:58 | Comments(0)