o(・`_´・)ノ


by whitefullmoon
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

上手く写真がはれない

c0030954_18574165.jpg
c0030954_18590287.jpg
c0030954_18594690.jpg
c0030954_18594690.jpg



[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-24 19:00 | Comments(0)

上手く写真がはれない

c0030954_18574165.jpg
c0030954_18590287.jpg
c0030954_18594690.jpg
c0030954_18594690.jpg



[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-24 19:00 | Comments(0)

上手く写真がはれない

c0030954_18574165.jpg
c0030954_18590287.jpg
c0030954_18594690.jpg
c0030954_18594690.jpg



[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-24 19:00 | Comments(0)

台北第1夜

 途中からスマホが使えるようになったので、地図で現在地を確かめつつ、バスに乗っていた。お願いしたとおり、サンルート前の停留所を教えてもらいそこで降りることができた。サンルートホテルは停留所の道を挟んで反対側にあった。
 部屋は6回で、民権西路に面していた。向かいは上海銀行、下の道路はバイクや車の6車線もあるとおりだった。
 荷物を置いて早速夜市を探しに出たのだけど、屋台街は見つからず(次の日その手前までしか行ってなかったことに気付いた)屋台でない、建物の食堂を見つけたけれど、よくシステムがわかってなかったので、困っていたら、この紙に注文を書いてわたすって食事していた人が教えてくれた。トマト味の刀で切った牛肉麺を頼んでみることにした。茶色いスープに浸った麺が運ばれてきた。確かにトマトの味がするスープで美味しかった。麺は腰がないものだった。他の人は漬物なんかも食べてるのでどうしてるのかなと見ると、建物の外の冷蔵庫から自分でもってくるシステムみたいだったので、きゅうりの漬物をもってきた。

[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-24 16:25 | Comments(0)
 飛行機から降りて、入国審査はカードによくわからなくて書かなかった部分もあったが、そこについては何も聞かれず、両手の指の指紋をとられた。入国の審査の手前にも銀行のカウンターがあったけど、外にもあるだろうと思ったら、二箇所あった。台湾銀行は避けたほうがなんてネット上にあったような気がしたので、もう一つのカウンターの方に行き、事前に予算を計算した25000円のみを両替してもらい、現地用のお財布にいれる。バス乗り場へはBus to cityという青字に白抜きの表示がありそれをたどっていけばすぐ行けた。バスのチケット売り場の人に民権中山と字を見せたけれど、民権なんとかというチケットをくれた。チケットを買って、下調べ通り1841番のバス乗り場に来るとちょうどバスがでていってしまうところで、次のバスを待たなければならなかった。そこに若い女の子が行き、私がなんかよくわからないのかな?と声をかけてきたのでI'm Japanese.といって、チケットを見せたら、ここでいいというような素振りだった。
 あまり待たずに次のバスが来た。どこで降りたらいいかよくわからないから、なるべく前の席に座った。しばらくのっていると、通路を挟んでとなりの人たち老夫婦とお子さんがなんか、日本語を話しているようだったので、サンルートホテルで降りたいのだけれど…というと快く近くになったら教えてくれるということでほっとした。

 ほっとしたら、つぎになかなか世界データ定額980円が開始にならない、スマホどうにかしないと…といろいろいじった。一回電源落として入れ直したりもしたら、どうにか現地の電波を拾い始め、980円も開始になったようだった。カメラも使えるようになっていた。

[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 21:33 | Comments(0)

エバー航空

 ゾーン1から搭乗が始まった。私はゾーン4なので、後の方。31番なのにうっかり32番に座ってしまい。後から指摘されて前に移動。荷物は31の棚に入れ、あしまったと思っていたら、座る場所を間違えていた。結構大きいと思っていたキャリーバッグも余裕で上の棚に入った。となりはごっつそうな男性だった。
 前にモニターがあるが、手で押してもなんか動きが悪く、しかも音声も英語か中国語、字幕もそのどちらしかない。やはり中華系の航空会社だからかな・・・これが日系の飛行機だったらこうはならなかったのに・・・と思いながらも、ベイマックスを見ていた。
 
 窓からの景色を移そうと思っていたのに、機内モードにしたスマホはカメラにつながらない。

 食事はビーフにしたらでかくて硬い筋ばかりでがっかりだった。

 雲が流れていたりするところは是非写真に撮りたかったのに残念だった。

 桃園空港が近づくと、高度を下げ機内にゆったりした音楽が流れてきた。下の景色も溜池のいっぱいあるのどかな田園風景だった。

 そして、あっという間に桃園空港に着陸し止まったと思い、スマホを機内モードオフにしたら、また滑走路を走り出す。ターミナルにちかづいていたようだ。なので慌ててまた機内モードに戻した。

[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 20:55 | Comments(0)

到着したエバー航空機

c0030954_12513008.jpg
 乗客を降ろしたあと、タラップが付けられて、そこから大きな灰色の四角いクーラーボックスみたいな布製の形の入れ物が網をかけられたり、作業員の方に担がれたりして下ろされていく。多分毛布とかそんなものかな?と思うそれにしても、ゲート前は空港の中だから涼しいけど炎天下照り返しの強い外での作業は大変だなーと思いながら見ていた。翼に車から給油されているのも目の前で見ることができた。


[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 12:57 | Comments(0)

到着したエバー航空機

c0030954_12513008.jpg


[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 12:57 | Comments(0)

エバー航空

 チェックインカウンターはすぐ見つかった、そのそばに立っているスタッフにクラスを聞かれ、パスポートを預けるとなにか機械のようなものでチェックされ、こちらにと誘導されて、カウンターで感熱紙の搭乗券を渡された。
キャリアバッグは重さを測られ、無事手荷物に認定されて持ち手のところにくるっとシールを貼られた。その後、出国審査が終わり、搭乗ゲートの方に向かうと途中で呼び止められて、アナのカードを作るように勧められて作る手続きはしたけど、ゆうちょのカードが暗証番号ブロックでまだ手続きは住んでない。ゲート前に着くと、広々とした待合室にまだ座っている人はすくなかった。
 目の前にエバー航空の期待が滑走路からやってきて、しばらくすると乗客が出発の待合室と反対側にぞろぞろ歩いていくのが見えた。多分これに乗って行くのだろう。

[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 12:44 | Comments(0)
新幹線も一本早いのに乗れて、品川まではすんなりと来た。しかしフロアマップで見た感じより品川駅はとても広くて、緑の窓口に行くまで、二つ改札があり、一個出たところで、駅員さんに聞くと、方向を教えてくれその上特急券でない方はまだ必要みたいで、それを改札の機械からとって私に渡してくれた、聞かなかったらもう一つの改札通れなくて大変だったなーと思う。みどりの窓口には自動発券機もあったが、使い方がちょっとよくわからないなと思い、人が対応している列に並ぶ、これではここでは一本早いのには間に合わないかもなーと思いつつ、途中でネットで予約したのも受け取れますよね。と人が途絶えた係員さんに聞いた入りもして自分の番になった、ここで予約したのより一つ早いのにできませんか?と聞いたら、ネット上でそれはしなかったんですか?と聞かれた。してませんと言うと、なにやら聞きに奥に入り、そうこうしているうちに時間も過ぎたので、出てきた係りの人に予約してあったのでいいです。というと、車両や座席番号を聞き、予約ができているかどうかをまた調べに奥に引っ込んだしばらく待つと、「予約完了してなかったようです。」というので、新しくそこで発券してもらい、当初の10時50分に乗ることが出来た。もし、在来線新幹線と一本早いのに載っていなかったら、料金はかかっても2時間前以上には成田に着かず焦ってしまっていただろうと思う。本当に早めにパスポートを渡してくれた市役所の窓口の人たちには感謝である。
 成田エキスプレスはがらがらだった。いっぱいになってることを心配してえきネットととか登録して予約(完了になっていなかったようだが)する必要なんかなかったなーと思った。成田エキスプレスは座席の前にも結構余裕があり、キャリーバッグも余裕でそこに置けた。となりの席も空いていた。フリーWIFIもメールアドレスをいれればつながるようになっていた。
 やっと、夏の緑が真夏の陽に照らされてギラギラ光っている田舎の景色を楽しみながら成田に向かう車中の人となれた。
c0030954_09184498.jpg

[PR]
# by whitefullmoon | 2016-08-23 09:20 | Comments(0)