2005年 06月 12日 ( 3 )

バラは憧れ

永久の誓いに

そむいた心が

君を捨ててゆくときも

バラは憧れ バラは憧れ

バラは僕達の夢



若い頃よく口ずさんだ歌だが未だに上手く解釈できない
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-12 22:13 | Comments(0)

王の帰還を見て考えた事

指輪の力に魅入られてしまった、スメアゴルは指輪と共に滅びの山の火口に落ち、指輪を携帯していたフロドはだいぶ指輪の力にとらわれてしまって指輪を捨てきれず指輪を自分の指にはめてしまった。そして指輪を身に着けていなかったため、最後までその使命を自覚していたサムの助けにより指一本を失うだけですんだ。という結末を見て、何かとても考えさせられてしまった。やはりこれも、往きて帰りし物語の一つだ。その中で必ず、主人公の心の変容がみられる。

 オークが弱すぎるのも気になる。あの不気味な容貌に似合う強さがなく、エルフやドワーフに結構簡単に殺されすぎである。敵役はもう少し強くないと面白くない。

 この物語も基本的にはドラえもんの映画のような主人公達が異界で冒険をするといった類のものだ。ただ、見てて楽しいとか夢のある部分がドラえもんなどと違ってあまりないので息が抜けず、また見たいとは思えないのではないかと思った。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-12 18:55 | Comments(0)

王の帰還

先ほど見終えました。ずっと目を話すことができず見続けましたが、二つの塔と同様また見たいとは思いませんでした。画面が暗い。というのと見終えた後こういう話って結局春や夏によくやっていた、異界での冒険が主なテーマになっているドラえもんの長編映画と同じという感じがしたからです。
 やはりもう一度見たいっていう映画は細かいディテールを楽しめるような映画ではないかという気がする。
 二つの塔の中で唯一見たいのはエルフの女性とと後で王様になる男性のキスシーンです。私は素敵なキスシーンは何度でも見たいと思う。大いなる遺産の中の子供時代のフィンとエステラのキスシーンもとても素敵だった。でも、よく考えると二つとも女性の方が積極的なキスシーンなんだよね、両方とも。
 結局私自身がそういうふうにしてみたいっていうこと?
[PR]
by whitefullmoon | 2005-06-12 00:48 | Comments(0)
o(・`_´・)ノ