昨夜はいつもより少し早めに休んだ、つまり普段より睡眠時間がながかったっていうわけだ。
すると、明け方不思議な夢を見た。脈絡のない夢をいくつか見たのだがその中でとっても不思議なものがあった。

中学校のグランドの片隅と思われるところに直径が2メートル近くもある、キャベツのような形をしたサボテンがあった。中にぎっしりはがつまっているという感じはしない。ただ外側の円形の葉が作る形がきゃべつのような形を作っている。そしてそのサボテンは180度ずつ右へ左へ半回転しながらその葉を開いたり閉じたりしている。そしてなんとその二枚の葉の一番中央にはな壮年というか中年の2人の別々の生きた男性の頭部がついている。まさに人間の頭部である。しかも、話もする。なぜなら、その頭に名前を聞くと両方とも別々の日本人の氏名をはっきり言うのだ。正確には覚えていないが、あっておかしくない日本人男性の名前であるという印象がある。しかし、顔が初めて見る人達だという事と同様、名前も知らない名前であった。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-10-03 19:42 | Comments(0)

ただでさえ少子化なのに

最近児童虐待のニュースが多い。ただでさえ少子化しているというのに、このようなことがあっていいのかと思う。逆に子供が多ければ虐待していいということではないけれど、何か本能的に次世代につないでいくという人間の本来動物として持っていた能力が衰えてきているのではないかというような気もする。
[PR]
by whitefullmoon | 2005-10-02 14:02 | Comments(0)